Ja/North American P-51 Mustang

From FlightGear wiki
Jump to: navigation, search
P51D-25-NA Mustang
FGAddon
P-51D over Koblenz.jpg
Military aircraft
設定 Low wing aircraft
推進 Piston aircraft, Single-engine aircraft
メーカー North American Aviation
Author(s)
  • Jim Wilson
  • Jon Berndt
  • DATCOM
  • Hal V. Engel
FDM JSBSim
--aircraft= p51d-jsbsim
ステータス Production
 FDM Stars-5.png
 Systems Stars-4.png
 コックピット Stars-4.png
 Model Stars-4.png
Supports Bombable
開発
 ウェブサイト The website for the P51D-25-NA Mustang developments.
 レポジトリ The development repository of the P51D-25-NA Mustang.
ダウンロード Download the P51D-25-NA Mustang aircraft package for the current stable release (2017.3).
ライセンス GPLv2+

P-51D Mustang は単発ピストンの戦闘機である。


航空機のヘルプ

飛行のヒント

注意: 現在この航空機のYASimの設定ファイルはブーストが1段掛かった状態で起動します。以下はYASimモデルのヘルプです。

JSBSIm モデルの使用では USAF F-51D/K/H manual (Jul. 1952) に詳しい手順が書かれています。これはオンラインで利用可能で、リンクはページの下の方の外部リンクの節にあります。


離陸

  • プロペラピッチを回転数最大にセットします。
  • スロットルがアイドルの状態でエンジンを始動します。
  • ブーストのステージを1に設定します(CTRL-b でステージ0(オフ), 1, 2を循環します)。p51-d はデフォルトでステージ1の状態で起動します。
  • マニホールド圧 (MP) が40 inHG になるようにスロットルをセットします。
  • ラダーを操作する準備をしてください。後部が浮き上がる時、トルクは機首を左へ引っ張ります。
  • 後部が浮いた後、ゆっくりとスロットルを全開にした時、ステージ1のブーストでマニホールド圧はおよそ 61 inHGになるべきです。
  • 踏ん張ってください。ラダー操作は小さく調整してください、さもなくばグラウンドループをします。
  • 150 mph になったら機首を上げてください。


上昇

  • MP を 46 inHG にまで落としてください。
  • プロペラピッチを 2700 rpm に調整してください。
  • あなたがフルスロットルにするまでの間、46 inHGを保つようスロットルを開けてください。
  • 18,000 feet ではブーストをステージ2にして(CTRL-bを打つ) スロットルを46 in HGに戻してください。


飛行

  • 約 2400 rpmで巡航するようにトリムをとってください。
  • 2700 rpm 以上を持続させないでください。
  • 軍用出力 (曲技)で 3000 rpm を超えないでください。
  • ダイブ時に 3500 rpm を超えないでください。
  • 7分の間、戦時緊急出力で71 inHGを使用する場合を除き、軍用出力ではマニホールド圧を 61 inHG 以上にしないでください。戦時緊急出力は高速に飛ぶためのものではなく、むしろ200mph以下でのドッグファイトのためのものです。


着陸

  • アプローチを短くしてダウンウインドレグから1回で大きく回るのが最も良いように見えます。250mphを下回ったら旋回を始めましょう。同時に速度と高度を殺すため、必要に応じてフォワードスリップを使ってください。
  • 250mphでフラップの使用を始め、車輪を175mphで降ろし、165mph以下でフラップを完全に展開してください。
  • 過大なブレーキの使用は飛行機を前転させる恐れがあります。接地後は直ちにフラップを幾分上げる事を推奨します。


性能データ

この情報は様々なソースから拾い集めた物です:

最大速度: 437 mph

巡航速度: 363 mph

着陸速度: 100 mph

離陸直後上昇率: (Initial Climb Rate): 3475 feet per minute

定常上昇速度: (Sustained Climb Speed): 175 mph

巡航高度: 41,900 (ブーストを2段使用)

失速速度: (9000lbs) 車輪/フラップ上げ: 102mph 車輪/フラップ下げ: 95mph


開発状況/Issues/Todo

外側:

  • 飛行機が停止している時でも前輪が回転し続ける。YASim 版のみ。
  • フラップを下げている時、フラップがあった場所から3Dモデルの内側が見えてしまう。
  • 夜間、コックピットのライトが見えない。少なくともJSBSim版においては、2011年1月にGITにて対処されました。
  • いくつかの視点にてプロペラの回転方向が逆になる
  • 航空機に影が無い
  • ランディングライトとストロボが間違っている - ポジションライトはJSBSim版では作動します
  • 航空機に車輪を格納する空間が無い (2010年9月に GIT で修正され、同年12月に拡張されました)


3d コックピット:

  • ラダーペダルを操作しても動かない - (2010年9月に GIT で修正され、同年12月に完全にテクスチャが貼られました。)
  • スイッチとレバーをマウスで操作できない - YASim版のみ (JSBSim 版は概ね修正済み)
  • コックピットは部分的にテクスチャが貼られているだけ (側面とコックピット正面は無地のテクスチャがある)
  • コックピットにパイロットが乗っていない内部視点のみ。
  • YASim版は酸素供給システムが見つからない (JSBSim版は酸素レギュレータとホース、点滅する警告灯と、圧力計がある)
  • ラジオスタックが見つからない (JSBSim版は AN/APS-13 と SCR-522Cとそのコントロールモジュールが完全に機能する)
  • アームレストが見つからない
  • Flare gun port が見つからない
  • フラップのコントロールが見つからない - (2011年1月、GIT で修正)
  • 外気導入が見つからない (2010年12月 GITで修正)
  • 車輪操作レバーが見つからない (2010年12月に GIT で修正。アニメーションとホットスポット付き)
  • 爆弾/ドロップタンクの投下が見つからない (2010年12月にJSBSim版は修正。アニメーションとホットスポット付き)
  • いくつかのプラカードが見つからない (2010年12月に GITで修正)
  • 操縦席は木製ではなく、金属製であるべきです (JSBSim版では2010年1月に修正))
  • パネルにl UV light fixtures が無い - YASim版のみ
  • ラジオボックスの後ろの装甲板が無い。
  • バッテリーボックスが無い
  • 後部燃料タンクが無い
  • バッテリーボックス付近の胴の補強が無い
  • これらを含む、多くの計器とスイッチが無い:
    • 燃料計
    • エンジンスタートスイッチ - YASim 版のみ
    • エンジンプライマースイッチ - YASim 版のみ
    • Engine oil dilute switch - YASim 版のみ
    • 燃料ポンプのスイッチ - YASim 版のみ
    • スーパーチャージャーの速度オーバーライドスイッチ - YASim 版のみ
    • スーパーチャージャーの速度表示灯 - YASim 版のみ
    • 燃料タンクのセレクタ- YASim 版のみ
    • 燃料カットオフスイッチ - YASim 版のみ
    • 油圧計 - YASim 版のみ
    • (ギアドア内部の)油圧開放ハンドル - YASim 版のみ
    • 駐機ブレーキハンドル - YASim 版のみ


コントロールシステム:

  • スーパーチャージャーはオフに出来ず、lowとhighのみ2段があるだけで、そして切り替えが自動でされるべきです。YASim 版のみ。
  • マニホールド圧のコントロールは自動でされるべきで、臨界高度以下では一定でなければなりません。YASim 版のみ。
  • スティックを前に倒した時、尾輪のロックが解除されるべきです。 - YASim版のみ


全般:

  • コックピット内のエンジン音は機外でのエンジン音と違いがない


テクスチャ:

  • 垂直尾翼のテクスチャが反転している


今週/今月の航空機

P-51D (JSBSim版) は2011年5月4日に、'今週/今月の航空機' で以下の批評をされました。


P-51D (JSBSim)

モデルl

JSBSim 版の P-51D は様々な警告プレートまで備えた非常に緻密な3Dコックピットを持っています。私は、それがとても軍用機感を伝えていると考えます。私にはかなり本物に見えるこれは、グーグルの簡易画像検索を元にしていています。

P51d-cockpit.jpg

大部分のスイッチは実際に機能します :-) 例えば、少ない燃料の管理は長距離のフライトに必要とされます。この飛行機にセットされた武器は、爆弾とロケットから機銃まで完全に動作します - 従って、激しいドッグファイトは十分に可能です。完全なエンジン始動手順はシミュレートされています。外観モデルは素晴らしいというわけではありませんが、実際のあらゆる目的には十分です:

P51d-model.jpg

飛行特性

JSBSim版のP-51Dはとても正確で、本当に満足のいく経験ができます。戦闘機に共通することですが、エンジンのトルクは主要なissueです - 空中で突然エンジンの回転を上げてみてください、そしてあなたが直ちにエルロンで打ち消さない場合に飛行機がどのようにロールするかを観察してください。著者のHal によれば、高度による性能特性の違いはとても忠実に再現されています(私は確認のための文書が不足していましたが、私には本当らしくないようには見えませんでした)。

どちらかといえば、この飛行機は扱うのが難しいです - エンジンのトルクの力にかかわらずうまく地面から離れる少しのスキルと、そして滑走路上の一点で地面に戻す、より多くのスキルが必要です。全ての操縦装置(ジョイスティックとラダーペダル)を使うことは、確かに相当な助けになります - しかし、いくらか練習すれば(横風を避ければ)まさにマウスで飛ぶことも可能です。

地上での扱いはトリッキーです - グラウンドループ (プロペラが地面に接触する) 危険は常にあります (実際の飛行機でも明らかにこの問題はあります) - 従って、注意深くブレーキを使う必要があり、また、しばしばエンジン始動後でさえ、直ちにスロットルを下げなくてはなりません。

そして、とても特別な機能があります - この飛行機は、実に現実的にスピンします - 従って、失速速度に近づいたら注意する必要があります。

個人的なウィッシュリスト

全ての詳細な情報と、いくつかの背景情報を記載している更なるpdfマニュアルは素晴らしいです - 私は、それほど多くの細かい点を見落としていると感じています。

経験すべき事

タンクの燃料が付きて、優しくかつ現実的にモデル化されたエンジン不調、続く緊急着陸を経験してみてください。

関連項目


外部リンク